原因について | 外壁塗装で住宅の老化を止めヨ|生まれ変わるマイホーム

原因について

防止策は何か

paint

雨漏りとは屋根の隙間から雨水が侵入して、部屋の中に入り込むことです。部屋の天井から染み出た雨水は放置しておくとカビの繁殖にもつながりますし部屋の壁紙がしみとなります。生活するうえでも健康的に悪影響となります。その原因は屋根が錆、穴が開きそこから漏れてくることと、ベランダでガーデニングなどをやって手入れを怠ると壁のひび割れなどから侵入してしまうこともあります。いろんな場面でそういったことが起こりうるのです。そうならないように屋根は塗装が薄くなっていくほど雨をはじきにくくなります。放置しておくとさびて穴が開いてしまう原因となりますから何年か一度に屋根の塗装をして雨漏り対策をする必要があります。それ以外でも掃除などを行うことで防止することができます。

家の作り方にも工夫が

現在の新築物件というのは雨漏りを防止するために一味工夫されていることでしょう。屋根を取り付ける際に防水シートを付けてから鉄板屋根を付けるといったような形です。従来も行われていたと思いますが、より雨漏りを防ぐように対処されています。屋根自体も防水性に優れたものを作られていることでしょう。送水性にすぐれているからとはいえ塗装は上記でも言ったように必要最低限必要になります。時期が来れば業者さんなどでも相談してみてはと思います。海に近い所に住んでいる人は特に潮風にあたっていますから錆びやすくなっています。雨漏りは生活には大敵です。塗装するためにかかる費用は高いと思いますが安く提供しているところもありますので探してみてください。